2014年4月13日日曜日

ブリアル、ライブを一切しないダブステップ界の重鎮


Burial(ブリアル)はサウス・ロンドン出身のダブステップ・プロデューサー。

本名はWilliam Bevan(ウィリアム・ベヴァン)。Burialは「墓」の意味。
ライブを一切せず、インタビューもほとんど受けないことから、その正体は明かされていないことが多いです。

上の写真は2008年に英大衆紙インデペンデント紙が彼の経歴について報道したあとに、ブリアル本人がMySpaceに投稿したもの。そのときに本名と出身地を明かしています。

2007年11月にリリースした2ndアルバム『Untrue(アントゥルー)』が各音楽メディアから絶賛され、イギリスで最も権威ある音楽賞マーキュリー賞にノミネート。アンダーグラウンドの音楽だったダブステップの知名度を上げました。


【略歴】
2006年5月、Kode9のハイパーダブから1stアルバム『Burial』をリリース。

2007年11月、2ndアルバム『Untrue』をリリース。全英チャート最高位58位。本作がマーキュリー賞にノミネートされる。

『Untrue』以降アルバムはリリースしていないが、フォー・テット、レディオヘッドのトム・ヨーク、マッシブ・アタックとコラボレーション・シングルを制作したり、2011年以降は毎年EPをリリースしています。

2014年、ハイパーダブのサイトで新作に取り組んでいることを明かす。


Burial's identity revealed via MySpace

Elusive dubstep star Burial gives a rare interview

ブリアル、新作について語る(2014年)
http://www.hyperdub.net/burial/

0 件のコメント:

コメントを投稿