2014年4月13日日曜日

M83、フランス発エレクトロ・シューゲイザー


M83(エム・エイティスリー)はフランスのエレクトロ・シューゲイザー・バンド。
ほとんどアンソニー・ゴンザレスによるソロ・プロジェクトですが、バンド編成となっています。
M83というバンド名はM83渦巻き銀河からきています。ちなみにウルトラマンの故郷はM78星雲です。


【略歴】
2001年、アンソニー・ゴンザレスとニコラ・フロマジョによって結成。
2001年4月、1stアルバム『M83』をリリース。リバーブが掛かったエレクトロニカな作品。シューゲイザーの祖マイ・ブラッディ・ヴァレンタインが引き合いに出されることが多い。4thアルバムまではほとんどの曲が声なしのインストゥルメンタル。
2003年4月、2ndアルバム『Dead Cities, Red Seas & Lost Ghosts』をリリース。前作よりも激しいサウンドでエモーショナルな作品。米ピッチフォーク誌で高評価を受ける。このアルバムのツアーの後にニコラ・フロマジョが脱退。
2005年1月、3rdアルバム『Before the Dawn Heals Us』をリリース。アンソニー・ゴンザレスのソロ・プロジェクトとなってから初めて作られた作品。
2007年9月、4thアルバム『Digital Shades Vol. 1』をリリース。アンビエント・ミュージックの祖ブライアン・イーノに強く影響を受けた作品。シングルカットされた曲が一曲もない。
2008年4月、5thアルバム『Saturdays = Youth』をリリース。全米チャート最高位108位。ヴォーカルありのポップな作品で、このアルバムから徐々に知名度を上げていきます。プロデューサーにはシガー・ロスの2~4作目やコクトー・ツインズを手がけたケン・トーマスを起用。80年代の音楽に影響を受けた作品で自身の10代をテーマにしているそうです。コクトー・ツインズ、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ジョン・ヒューズの青春映画からインスピレーションを受けたと言っています。
2008年12月、キングス・オブ・レオンの全英ツアーをサポート。
2009年1月、ザ・キラーズの全米ツアーをサポート。
2011年10月、6thアルバム『Hurry Up, We're Dreaming』をリリース。シンセポップ寄りの作品。全米チャート最高位15位。2013年のグラミー賞でBest Alternative Music Albumにノミネートされました。


【代表曲】
Midnight City(6thアルバム『Hurry Up, We're Dreaming』)


Kim & Jessie(5thアルバム『Saturdays = Youth』)

Graveyard Girl(5thアルバム『Saturdays = Youth』)

Don't Save Us From The Flames(3rdアルバム『Before the Dawn Heals Us』)


The Killers - Shot At The Night
2013年11月にThe Killersがリリースしたベストアルバム『Direct Hits』に収録された新曲「Shot At The Night」をプロデュースしたのはM83。


0 件のコメント:

コメントを投稿