2014年4月20日日曜日

ザ・ウォンバッツ、ニューウェイブ系インディロックバンド


The Wombats(ザ・ウォンバッツ)はリバプール出身の3人組ポストパンク、ニューウェイブ系インディロックバンド。
2011年4月にリリースした2ndアルバム『This Modern Glitch』が全英チャート3位のヒットを記録すると、グラストンベリー・フェスティバル、iTunesフェスティバル2011に出演。
2014年、3年振りの3rdアルバムのリリースを予定しています。

メンバー

マシュー・マーフィー(Matthew Murphy) - ボーカル、ギター、キーボード
ダン・ハギス(Dan Haggis) - ドラム
トード・オーヴァーランド・クヌーゼン(Tord Øverland Knudsen) - ベース

略歴

2003年、リバプールの芸術大学に通っていた3人でバンドを結成。
2007年11月、1stアルバム『A Guide to Love, Loss & Desperation』をリリース。全英チャート最高位11位。ダンサブルなポストパンク系の作品。
2011年4月、2ndアルバム『This Modern Glitch』をリリース。全英チャート最高位3位。プロデューサーにジャックナイフ・リーを起用。シンセサイザーを多用したエレクトロニックな作品となっている。
2013年10月、シングル「Your Body Is a Weapon」をリリース。
2014年、3rdアルバムをリリース予定。

代表曲

Tokyo (Vampires & Wolves)(2ndアルバム『This Modern Glitch』)


Moving to New York(1stアルバム『A Guide to Love, Loss & Desperation』)


Kill the Director(1stアルバム『A Guide to Love, Loss & Desperation』)


Let's Dance to Joy Division(1stアルバム『A Guide to Love, Loss & Desperation』)


Jump into the Fog(2ndアルバム『This Modern Glitch』)


Techno Fan(2ndアルバム『This Modern Glitch』)


Your Body Is a Weapon


Wombats Live at Rock am Ring 2013




0 件のコメント:

コメントを投稿