2014年4月4日金曜日

トーキョー・ポリス・クラブ、22歳の彼らがつくった2作目『Champ』

Tokyo Police Clubはボーカル&ベースのデヴィッド・モンクス、キーボードのグラハム・ライト、ギターのジョシュ・フック、ドラムのグレッグ・オルソップからなるカナダの4人組インディロックバンド。

2010年6月に当時平均年齢22歳だった彼らは2ndアルバム『Champ』をリリースしました。
1作目と比べると、ディレイ・エフェクターを使って音に空間的な広がりを持たせているのと、シンセサイザーを使ってポップに仕上げながらもギターベースの疾走感のあるサウンドになっています。



1. Favourite Food
2. Favourite Colour
3. Breakneck Speed
4. Wait Up (Boots of Danger)
5. Bambi
6. End of a Spark
7. Hands Reversed
8. Gone
9. Big Difference
10. Not Sick
11. Frankenstein







ギターのジシュ・フックが「Frankenstein」のディレイについて解説しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿