2014年4月18日金曜日

トゥー・ドア・シネマ・クラブ、2010年代のシンセポップ系インディロックバンド


Two Door Cinema Club(トゥー・ドア・シネマ・クラブ)は2010年代を代表するシンセポップ系インディロックバンド。イギリス北アイルランド出身の3人組。
ギターのサム・ハリデーが奏でるディレイを多用したクリーンでアップテンポな高音強調のギターに、ボーカルのアレックス・トリンブルのリズムギターとシンセサイザーが混じり、ダンサブルなサウンドを生み出しているのが特徴。


メンバー

アレックス・トリンブル(Alex Trimble) - ボーカル、リズム・ギター、シンセサイザー
サム・ハリデー(Sam Halliday) - リードギター
ケヴ・ベアード(Kevin Baird) - ベース

【サポート・メンバー】
ベンジャミン・トンプソン(Benjamin Thompson) - ドラム

略歴

2007年、学生時代の仲間3人でTwo Door Cinema Club結成。バンド名は地元の映画館「Tudor Cinema(テューダー・シネマ)」を「Two Door」と読み間違えたことからきている。音楽に専念するために大学を中退。
2009年1月、EP『Four Words to Stand On』をリリース。
2010年2月、1stアルバム『Tourist History』をリリース。全英チャート最高位24位。バンドはBBC Sound of 2010に選出される。
2012年8月、2ndアルバム『Beacon』をリリース。全英チャート最高位2位、全米チャート最高位17位。プロデューサーにU2、R.E.M.、Snow Patrol、Bloc Partyを手がけたジャックナイフ・リーを起用。スタジアム向けの曲を作ったそうです。1stアルバムまではドラム不在でドラムマシンを使っていたが、2ndアルバムからドラムのベンジャミン・トンプソンをレコーディングに加える。
2015年、3rdアルバムをリリース予定。


Setlist at Glastonbury Festival 2013

1. Sleep Alone
2. Undercover Martyn
3. Do You Want It All?
4. This Is the Life
5. Wake Up
6. Come Back Home
7. Sun
8. Pyramid
9. I Can Talk
10. Next Year
11. Something Good Can Work
12. Handshake
13. Eat That Up, It's Good for You
14. Someday
15. What You Know

Southside Festival 2013



代表曲

1. Sleep Alone(2ndアルバム『Beacon』)


2. Undercover Martyn(1stアルバム『Tourist History』)


3. Do You Want It All?(1stアルバム『Tourist History』)


4. This Is the Life(1stアルバム『Tourist History』)


5. Wake Up(2ndアルバム『Beacon』)


6. Come Back Home(1stアルバム『Tourist History』)


7. Sun(2ndアルバム『Beacon』)


8. Pyramid(2ndアルバム『Beacon』)


9. I Can Talk(1stアルバム『Tourist History』)


10. Next Year(2ndアルバム『Beacon』)


11. Something Good Can Work(1stアルバム『Tourist History』)


12. Handshake(2ndアルバム『Beacon』)


13. Eat That Up, It's Good for You(1stアルバム『Tourist History』)


14. Someday(2ndアルバム『Beacon』)


15. What You Know(1stアルバム『Tourist History』)




0 件のコメント:

コメントを投稿