2014年5月27日火曜日

BBC 2014年期待の新人1位、Sam Smith(サム・スミス)遂にデビュー


Sam Smith(サム・スミス)はイギリス出身のR&B、ソウル系のシンガーソングライター。
Disclosureの「Latch」でフィーチャリングして有名になると、英BBCの2014年新人ランキングSound of 2014で1位を獲得。5月26日に1stアルバム『In the Lonely Hour』をリリースしました。

12歳で音楽活動を始め、18歳のときにロンドンに拠点を移す。このとき既に自分でアルバムを制作していたが、それが公開されることはなかった。サム・スミスはインタビューで当時をこう振り返っています。
18歳のとき、自分のキャリアはいいものじゃなかったし、将来に対して悲観的だった。友達は大学に進んでいたけど、自分には何も起こってなかったからね。一生懸命だったよ。自分の若いときを無駄にしたくなかったんだ。人生の全てをかけてずっと歌手を目指すような人間にはなりたくなかったから。自分には他にも大切なものがあって、旅行とか恋愛もしたいし。だから当時は自分が失敗しているんじゃないかって不安だったんだ。
そのころに書いた 「Little Sailor」という曲が今のマネージャーの耳に止まりキャピトル・レコードと契約。彼らがスミスとUKガラージ系のデュオDisclosureを引き合わせ、2012年10月に「Latch」をリリース。シングルは徐々にチャートを駆け上がり11位に。翌年5月にDisclosureが出した1stアルバム『Settle』は国内チャート1位を獲得する。当時スミスはまだバーで働いていたがこのヒットを機にバイトをやめ音楽活動に集中する。

http://www.gloucestershireecho.co.uk/MUSIC-Stay-singer-Brit-Award-winner-Sam-Smith/story-21133662-detail/story.html

Disclosure - Latch ft. Sam Smith


#01 Money on My Mind


#03 Stay with Me


Nirvana (EP『Nirvana』)


0 件のコメント:

コメントを投稿