2014年6月25日水曜日

リンキンパーク、新作『The Hunting Party』がヘヴィなサウンドになった理由を明かす


2000年代を代表する世界的ロックバンド、リンキン・パーク(Linkin Park)。

6月14日に6枚目のアルバム『The Hunting Party(ハンティング・パーティ)』をリリースしました。1st、2ndアルバムでニューメタル、ラップメタル、3rdでロック、4thで実験的なサウンド、5thでエレクトロニック。アルバムごとにサウンドを変えてきたバンドが『狩猟集団』と名付けた新作で求めたサウンドは90年代のハードコア、パンク、スラッシュメタルでした。シンセ・エレクトロニック系やインディ系のソフトなサウンドが好まれる時代にあえてヘヴィなサウンドを鳴らす挑戦的なアルバムとなりました。

しかし、アルバムは全米チャート初週3位。1位を逃したのは全世界で2,500万枚という桁違いのセールスを記録した1stアルバム『Hybrid Theory(ハイブリッド・セオリー)』(2位)以来。初週のセールスは2012年にリリースした前作『Living Things』の半分の11万枚でした。それでも10万枚は超えています。

アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)が最新作『AM』の収録曲「Arabella(アラベラ)」で70年代の初期ヘヴィメタルバンド、ブラック・サバス(Black Sabbath)の「War Pigs」のリフを使うなどロック界を牽引するバンドがヘヴィなサウンドを取り入れたアルバムをヒットさせた一方で、そのアクモンのヴォーカル、アレックス・ターナーがグラストンベリー・フェスティバルでのメタリカ(Metallica)のヘッドライナー起用について批判(メタリカのファンとは言っている)するなど、メインストリームのロックにおいてミドルテンポのハードロックは受け入れられても、スピード感あるヘヴィなサウンドはあまりウケないようです。


マイク・シノダ
僕らがリンキン・パークになる前に聴いていた音楽からインスピレーションを受けた部分が大きいんだよね。あの頃凄いよく聴いていたバンドって言ったら、僕だったら例えばヘルメットやリフューズド、それに僕達メンバー全員、メタリカをよく聴いて育った。だけど今回アルバムのデモを作り始めたときに、最初はもうちょっとオルタナティヴやインディっぽい感じのものを考えていたんだ。というのは、そういう音楽は最近、僕が個人的にとても好きだからね。だけど曲を書いていると、自分が書いてるはずなのに、どうも他のバンドの音に聴こえるんだよ。他のバンドのそういう音楽は好きだけど、僕達のバンドのアルバムがそう聴こえたくはないって気づいてさ。で、ある日、車を運転していたときにもっとヘヴィでラウドなサウンドが聴きたくなっちゃって、そういうサウンドを探しまくったんだ。探し続けてやっと見つけられたのは、90年代前半から中期にかけて自分が聴いていたコレクションだったんだ。「ああ、これが今、自分が本当に聴きたいものなんだ。そうか、僕達は今、こういう音楽を作るべきなんだ」って感じたんだよ。



関連記事:新時代のメタル、ニュー・メタル
http://kkssskk.blogspot.jp/2014/05/blog-post_17.html



0 件のコメント:

コメントを投稿