2014年12月1日月曜日

【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 前編


イギリス公共放送BBCが毎年1月に発表するその年の活躍が期待される新人ランキング、「BBC Music Sound of...」。その2015年版「BBC Music Sound of 2015」のノミネート15組が12月1日に発表されました。上位5組は1月5日~9日にカウントダウン形式で発表されます。

2003年から始まったこの年末恒例企画は英国レコード産業協会ブリット・アワードの批評家賞クリティクス・チョイス・アワードとともに音楽関係者の注目を集める新人賞です。過去にはアデル、エリー・ゴールディング、ジェシー・J、ハイム、サム・スミスが受賞しています。

投票者

2015年はイギリスで活動する音楽関係者139名が投票者として選出されました。
BBC関係者、新聞、雑誌、音楽ブログ、TVの音楽関係者から選ばれます。BBC Radioのプレゼンター、プロデューサーといったBBC関係者が最も多く、次いでNME、The Guardianの編集者・ライターが多いです。
http://www.bbc.co.uk/programmes/articles/3S3vM9fKwyr0w0vbxhl4KG5/the-pundits

対象アーティスト

知名度、ハイプ(誇大宣伝)、レーベル契約といった要素による投票を防ぐために対象アーティストにはいくつかの条件があります。
  • 10月末時点で英チャート20位以内にシングル・アルバムがランクインしたことがない
  • 一般に広く知られていない(ヒットを出したバンドのメンバーによるソロ活動などは不可)
  • 3年以内に音楽オーディション番組のファイナリストになっていない(X Factor、The Voiceなど)
  • 家族友人関係、商売相手でないこと

投票方法

リストからの選出ではなく自由にお気に入りのアーティスト3組をピックアップしてもらいます。
1番お気に入りのアーティストには3ポイント、2番目には2ポイント、3番目には1ポイントが入ります。
上位15組がノミネートされた後、上位5組がランキング形式で発表されます。票数は公表されません。1位になったからといって授賞式はなく、BBCが特別サポートするわけでもありません。


George The Poet(ジョージ・ザ・ポエット)


George The Poet(ジョージ・ザ・ポエット)
本名:George Mpanga(ジョージ・ムパンガ)
年齢:23
出身:ロンドン
ジャンル:Spoken word
所属:アイランド・レコード(ユニバーサル)

ウガンダ系移民の両親のもとに生まれたGeorge Mpanga(ジョージ・ムパンガ)はロンドン北西部の治安が悪い区で育ち、15歳でラップ、グライムを始める。政治学、心理学、社会学を学ぶためにケンブリッジ大学に入学。米CATV局HBOのデフ・ポエトリー・ジャムに出演したBlack Ice(ブラック・アイス)、詩人Maya Angelou(マヤ・アンジェロウ)、George Watsky(ジョージ・ワトスキー)に影響を受け音楽スタイルをラップからスポークン・ワードに変える。

詩による社会的論評が評価されて英国レコード産業協会ブリット・アワードの批評家賞クリティクス・チョイス・アワードにもノミネートされています。


James Bay(ジェイムズ・ベイ)


James Bay(ジェイムズ・ベイ)
年齢:24
出身:ハートフォードシャー(東イングランド)
ジャンル:Singer-songwriter, Indie folk
所属:ヴァージン・レコード(ユニバーサル)

4500人の生徒数をもつイギリス・アイルランドで最大の音楽学校「BIMM(British and Irish Modern Music Institute)」を卒業してTom Odell(トム・オーデル)、John Newman(ジョン・ニューマン)、Kodaline(コーダライン)のライブのサポートを経験した後、2012年にユニバーサル系のリパブリック・レコードと契約。

去年から本格的に音楽キャリアをスタートさせたばかりの彼ですが、既にアイルランドのHozier(ホージア)のツアーのサポートも経験、3枚のEPを出しています。ホージアは2014年9月にリリースした1stアルバム『Hozier』がUKチャート5位、USチャート2位を獲得した大型新人シンガーソングライターです。ジェイムズ・ベイの2ndEP『Let It Go』はイギリスのiTunesアルバムチャートで10位になりました。

BBC Sound of 2015に先行して12月3日に行われた英国レコード産業協会ブリット・アワードで批評家賞クリティクス・チョイス・アワードを受賞しました。この賞にはジェイムズ・ベイの他、Years & Years(イヤーズ・アンド・イヤーズ)、George The Poet(ジョージ・ザ・ポエット)がノミネートされていました。3月23日には待望の1stアルバム『Chaos and the Calm』がリリースされます。

-誰かに自身の音楽を紹介するとしたらどう紹介する?
難しい質問だね。シンガーソングライターかな。多くのシンガーソングライターがアコースティックギターでイメージされるだろうけど、僕は前から自分の部屋でKings of Leon(キングス・オブ・レオン)とかThe Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)をエレキギターで引いてたから、ちょっとロック寄りでラウドに演奏するのが好きなんだ。そういうところが他のシンガーソングライターとはちょっと違うかな。
GLAMOUR Interviews BRITS Critics Choice nominee James Bay (Glamour.com UK)
http://www.glamourmagazine.co.uk/news/celebrity/2014/11/27/james-bay-glamour-interview-about-burberry-fame-music-and-girlfriend


Kwabs(クワブス)


Kwabs(クワブス)
本名:Kwabena Sarkodee Adjepong(クワベナ・サーコーディ・アジェポン)
年齢:24
出身:ロンドン
ジャンル:neo soul
所属:アトランティック(ワーナー)

1990年にガーナで生まれたKwabena Adjepong(クワベナ・アジェポン)はロンドンの里親に育てられる。ソウル、R&B、エレクトロニカ、ロック、ジャズ、ファンクなど多種多様なジャンルをミックスさせた彼は音楽の先生に才能を見出され、Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス)も所属していたナショナル・ユース・ジャズ・オーケストラで3年間リードボーカルとして活躍。学校卒業後、王立音楽アカデミーでジャズを専攻する。

Corinne Bailey Rae(コリーヌ・ベイリー・レイ)の「Like a Star」のカバーをYou Tubeに投稿して注目を集めるとアトランティック・レコードと契約。2014年2月にエレクトロニカ系のプロデューサーSohn(ソン)のプロデュースで1stEP『Wrong or Right』をリリースしました。シンセとR&Bをミックスさせた彼の音楽は"synth&B"とも表現されています。


Låpsley(ラプスリー)


Låpsley(ラプスリー)
本名:Holly Lapsley Fletcher(ホリー・ラプスリー・フレッチャー)
年齢:18
出身:リヴァプール(イングランド北西部)
ジャンル:エレクトロニック、アンビエント
所属:XLレコーディングス(ベガーズ・グループ)

イングランド北西部マージーサイド、サウスポートで生まれたHolly Lapsley Fletcher(ホリー・ラプスリー・フレッチャー)はピアノ、ギター、オーボエのレッスンを受けて育つと、12歳で作詞を始める。James Blake(ジェイムス・ブレイク)やGhostpoet(ゴーストポエット)のようなダンスミュージックに没頭してプロダクションを覚えエレクトロニックな方向へと音楽性を変えていく。自作した楽曲をSoundcloudで公開して注目を集めるようになると、「Station」は50万を超える再生回数を記録。2014年6月にグラストンベリーフェスティバルのBBCイントロデューシング・ステージに出演、10月にXLレコーディングスと契約しました。


Novelist(ノベリスト)


Novelist(ノベリスト)
本名:Kojo Kankam(コジョ・カンカム)
年齢:17
出身:ロンドン
ジャンル:Grime
所属:XLレコーディングス(ベガーズ・グループ)

17歳のグライムプロデューサーNovelist(ノベリスト)ことKojo Kankam(コジョ・カンカム)はグライムを聴いて育つと、Flex,、NTS、Rinseといったアンダーグラウンドのラジオで1時間のパフォーマンスをみせて注目を集める。若手グライムプロデューサーMumdance(マムダンス)とコラボしたTake Timeが2014年に最もヒットしたグライムのトラックになると、アデルやレディオヘッドが所属するインディーレーベルXLレコーディングスと契約しました。



【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 前編
http://kkssskk.blogspot.jp/2014/12/bbc-sound-of-2015uk.html

【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 中編
http://kkssskk.blogspot.jp/2014/12/bbc-sound-of-2015uk_1.html

【BBC Sound of 2015】UK新人ランキング 後編
http://kkssskk.blogspot.jp/2014/12/bbc-sound-of-2015uk_3.html



0 件のコメント:

コメントを投稿