2015年3月5日木曜日

ニルヴァーナの登場、グランジが時代を変える


80年代はMTVの開局、CDの登場によって音楽産業が巨大化した時代。

巨大資本を投下していかに商業的成功を収められるかが重要なこの時代の音楽シーンの中心は派手なポップやメタルロックだった。80年代から始まる初期のオルタナティヴロックバンドたちはメジャーに挑戦したが、メインストリームに大きなインパクトを与えるうことはできなかった。

しかし90年代に入ると状況は一転。

時代を変えたのはグランジと呼ばれるヘヴィなハードロックとパンクを組み合わせた音楽だった。アメリカ北西部ワシントン州シアトルから始まったこのムーヴメントの中心的バンドがニルヴァーナ。

1991年、彼らは音楽シーンに革命を起こす。この年の9月にリリースしたメジャーデビューアルバム『ネヴァーマインド』が音楽メディアに絶賛され、MTVで収録曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」のPVが繰り返し流されると、全米チャートでマイケル・ジャクソンの『デンジャラス』を破り1位に上り詰める。

アメリカ経済が失速し始めたことも大きかった。

派手な衣装を着たポップスターが歌う浮世離れした現実逃避的な音楽は若者の共感を生まなくなる。失業・就職難の彼らの心を掴んだのは、自分たちと同じような普段着を身に纏い、面白いとは言えないこの時代に対してふてくされ、でも、どうしていいかわからずに声にならない叫びを上げていたカート・コバーンだった。

Nirvana(ニルヴァーナ)


オルタナティヴ・ロックをメインストリームに押し上げたシアトル郊外出身の3人組グランジ・バンド。

【略歴】
1967年2月20日、カート・コバーン、アメリカ北西部の小さな田舎街アバディーンで生まれる。

1985年8月、カート・コバーン、友人とフィーカル・マター結成。同年12月、クリス・ノヴォゼリック加入。バンド名をセルアウツに変更。以降短期間にバンド名とメンバーを変えていく。

1988年1月、デモ・テープを制作。後のアルバム『ブリーチ』の原型になったこのデモがサブ・ポップの経営者ジョナサン・ポーンマンの耳に留まり、仮契約に至る。バンド名をニルヴァーナに変更。ドラマーにチャド・チャニングを加える。

1989年6月、1stアルバム『ブリーチ』をリリース。初の全米ツアーを行う。翌年にはダイナソーJr.、ソニック・ユースという、当時のインディロック界では屈指の人気バンドの前座を務める。

1990年5月、チャド・チャニング脱退。同年10月、活動を停止した東海岸ワシントンD.C.のハードコア・バンド、スクリームのドラマー、デイヴ・グロールが加入。

1991年4月、メジャーレーベルのゲフィン・レコードと契約。同年9月に2ndアルバム『ネヴァーマインド』をリリース。全米で100万枚を売り上げる。

1992年1月、『ネヴァーマインド』が全米チャート1位獲得。

1993年9月、3rdアルバム『イン・ユーテロ』をリリース。全米チャート初登場1位。

1994年4月5日、カート・コバーン、自宅にて猟銃自殺。




Pearl Jam(パール・ジャム)






0 件のコメント:

コメントを投稿