2015年8月31日月曜日

【UFC Japan 2015】小谷直之 vs. ケイジャン・ジョンソン


UFC Japan 2015 第2試合は、小谷直之 vs. ケイジャン・ジョンソンのライト級対決。

第2試合の開始時間は9時00分となっています。

小谷直之は、33勝のうち25がサブミッション勝ちという寝技を得意とするファイター。フィニッシュ率は脅威の91%。ZSTで活躍し、2007年にUFCと契約するも、2連敗でリリース。その後、国内で勝ち負けを繰り返していたが、11連勝を記録すると、2014年、7年ぶりにUFC復帰。ここまでUFC復帰後2連敗となっているが、日本大会でUFC初勝利を手にしたい。

ケイジャン・ジョンソンは、20勝のうち11がサブミッション勝ちという寝技を得意とするファイター。2004年~2011年まで13勝3敗1分の成績を残し、2013年に、TUFネイションズ「カナダ vs. オーストラリア」のウェルター級トーナメントに参戦。セミファイナリストとなり、UFC契約後はここまで1勝1敗となっている。


【第2試合】小谷直之


出身:日本(神奈川)
年齢:33
身長:173cm
体重:70kg
リーチ:168cm
戦績:33勝12敗7分(UFC 0勝4敗)


【UFC戦績】
2014/10/25 × ヤン・カブラル(2R リアネイキッドチョーク)
2014/07/19 × ノーマン・パーク(2R TKO グラウンド肘打ち)
2007/09/08 × デニス・シヴァー(2R KO 左フック)
2007/04/05 × チアゴ・タヴァレス(判定0-3)


ZSTのエース


ファイターの兄、小谷ヒロキの影響で17歳から格闘技を始める。リングスで活躍した後、2002年に旗揚げしたZSTの初回興行から参戦し、所英男に1Rヒールホールドで勝利したほか、リッチ・クレメンティ、マーカス・アウレリオ、イーヴス・エドワーズ、ロジャー・ウエルタなどと戦い経験を積むと、「ZSTのエース」と呼ばれるようになる。そして、2007年UFCと契約。チアゴ・タバヴァレス、デニス・シヴァーに敗れ、リリースとなってしまう。

7年ぶりのUFC復帰


UFCリリース後は、古巣ZSTを中心に国内のプロモーションで活動を続ける。2011年から11連勝を記録すると、2014年、7年ぶりにUFCに復帰。しかし、ノーマン・パーク、ヤン・カブラルに敗れ、まだUFCで勝利を収めていない。日本大会で初勝利を手にしたいところ。

お菓子の専門学校出身!?


UFCの選手紹介で、「自分は甘いものやケーキが好きでパティシエになりたいと思ってたのでパティシエの専門学校で学んでいました」と語っています。

趣味はWWE観戦とアニメ?マジンガーZ、聖闘士星矢


小谷さんは、マジンガーZ、聖闘士星矢、トランスフォーマーといったアニメが趣味のようで、東京おもちゃショーやトランスフォーマー博にも行っています。


【第2試合】ケイジャン・ジョンソン


出身:カナダ
年齢:31
身長:180cm
体重:70kg
リーチ:188cm
戦績:20勝11敗(UFC 1勝1敗)


【UFC戦績】
2015/05/16 〇 リーペン・ジャン(判定3-0)
2014/06/14 × バン・テヒョン(3R KO 右フック)

【TUFネイションズ戦績】
2014/03/19 × チャド・ラプリス(2R KO 右ストレート)
2014/01/15 〇 ブレンダン・オレイリー(1R リアネイキッドチョーク)

TUFネイションズのセミファイナリスト


カナダのブリティッシュコロンビア州で、アメリカ先住民族の家系に生まれたケイジャン・ジョンソンは、17歳で格闘技を始める。キャリア初期は勝ち負けを繰り返していたが、2004年~2011年まで13勝3敗1分の成績を残す。2013年、TUFネイションズ「カナダ vs. オーストラリア」のウェルター級トーナメントに参戦。初戦のブレンダン・オレイリー戦は1Rサブミッション勝ちを収めるも、準決勝でチャド・ラプリスに2R右ストレートでKO負け。

UFC契約後は、ここまで1勝1敗。UFCデビュー戦では、バン・テヒョンから4回テイクダウンに成功するもトップポジションをキープできず苦戦。3Rに右フックでKO負けとなった。続く、リーペン・ジャン戦は粘り強く組み付いていき3-0の判定勝ちを収め、UFC初勝利となった。

自然を愛し、自然保護活動も


カナダという自然豊かな国に生まれたこともあってか、自然が好きでよく森に行くようです。2014年に、カナダのブリティッシュコロンビア州にあるマウント・ポーリー鉱山から流失した排水で自然が破壊される事故がありました。この自然破壊に対して、「ストップ・マウント・ポーリー」Tシャツを着て、自然保護を求めています。

ジョンソンも料理学校出身!?


UFCの選手紹介に、「料理学校に行ってたんだ。ディプロマ(卒業証明書)も取得した」とあります。対戦相手の小谷選手もパティシエの専門学校に通っていたので、この試合は料理学校出身者同士の戦いとなります。

入場曲は、Flumeの「On Top ft. T.Shirt」




0 件のコメント:

コメントを投稿