2016年2月15日月曜日

2015年の米音楽セールス、カタログが初めて新譜を上回る


2015年は、米音楽セールスとって転換点となったと話題になっています。

米調査会社ニールセンによると、米アルバムセールスは、3年以上前にリリースされたアルバムが新譜(3年以内)を上回る結果となりました。


カタログが新譜を上回る


2015年のアルバムセールスは、新譜のセールスが前年比9.2%落ち込んだ一方、カタログセールス(3年以上前にリリースされたアルバム)が前年比2.9%減となり、ついにカタログセールスが新譜を上回る結果となりました。


2015年の新譜セールス1億1850万枚のうち、アデルの『25』は744万枚(全体の6.3%)を売り上げる大ヒットを記録しましたが、それでも近年続いていた新譜セールスの減少を止めることはできませんでした。

アデルを抜きで考えると、新譜はカタログセールスに対して1170万枚の差をつけられることになります。


カタログが新譜を上回った要因は?


カタログセールスが新譜を上回った要因は、フィジカルセールの減少率の差にあるようです。


デジタルセールスでは、減少率は2.5%-3.4%(新譜-カタログ)とあまりありませんが、フィジカルセールスでは13.8%-2.7%と大きく差があり、これが要因となっています。

Even Adele can't stop 'old' albums outselling new artist
http://www.musicbusinessworldwide.com/even-adele-cant-stop-old-album-sales-overtaking-new-artists/


0 件のコメント:

コメントを投稿